わずか3分でふるさと納税はこちら!

ふるさと納税のことは、大体、仕組みも理解できたけど、手続きが面倒なのではないのかという不安は、実は私も最初はありました。

なので、ふるさと納税を紹介しているサイト「ふるなび」を利用しました。

全国のふるさと納税を受入をしている自治体、特産品、手続き方法など、全てを網羅しているので、とてもわかりやすくてスムーズに寄付を申込することが出来ました。

申込をした後、税金の控除を受ける方法についても丁寧に説明があったので、滞りなく完了しましたよ。

確かに、ほんの少しだけ申込の手間はかかりますが、

・特産品が頂ける
・税金が控除される

ことで、寄付以上の価値はあります。

なぜならば、自己負担はたったの2,000円です。

例えば、30,000円の寄付すれば、2,000円のみ自己負担で、28,000円は税金控除に割り当てられます。
ただし、制限や条件で違いはありますが、一般的には、そのように考えて良いです。

簡単に言えば、たった2,000円の自己負担で特産品がもらえて、所得税と住民税を減らしてくれる制度が、ふるさと納税です。

これ以上に無いリターンの大きい寄付があったでしょうか。

ふるさと納税は、ここ数年で利用者が増えています。
これまでは、ふるさと納税をすると確定申告が必要のない人も、税金控除のために確定申告が必要でした。

しかし「ワンストップ特例制度」を利用すれば、確定申告が不要で減税もされるようになってから、急激に利用者が増えたのです。

ワンストップ特例制度についても、「ふるなび」は丁寧に説明されていますし、寄付の申込の際に、ワンストップ特例制度を利用するかどうか問われるので、申請漏れすることも避けられます。

ワンストップ特例制度を利用すると、寄付先の自治体から、お住まいの自治体へ確定申告不要の通達とともに、自動的に減税の手続きが行われるので、ふるなびで寄付の申込さえすれば簡単に事が済みます。

寄付金の支払いについては、ふるなびでは、

  • クレジットカード(Yahoo!公金支払い)
  • 郵便振替(用紙は特産品と同封されてきます)
  • 銀行振込(手数料は寄付者負担)

になり、手軽なのはクレジットカード払いですね。

ふるさと納税の情報は、こちらで全てがわかります。

↓↓↓

「わずか3分でふるさと納税はこちら!」