ふるさと納税 税金控除の仕組み

ふるさと納税すると節税になる、所得税と住民税が減額されるとは言うものの、なかなかピンとこないものですよね。
具体的に、どれだけ税金が控除されるのか、例を挙げて説明してみます。

ふるさと納税 税金控除

今年、年収600万円の人が、ふるさと納税をしなかった場合は、

  • 当年 180万円の税金
  • 翌年 180万円の税金

の負担が発生します。

2年を通して合計360万円となって、変化はありません。

もし、ふるさと納税をした場合、寄付額を68,000円とすると、

  • 当年 180万円+寄付金額68,000円=186万8,000円
  • 翌年 180万円-税金控除額66,000円=173万4,000円

2年を通して、360万2,000円と、わずか2,000円の負担ではありますが、返礼品は2,000円以上の価値のあるものが、どっさり届きます。

例えば、佐賀県みやき町は人気ランキングで常に上位で、中でも佐賀県産黒毛和牛1kg(たまに増量)がトップです。

黒毛和牛1kgは2,000円では買えません。
仮に、68,000円を佐賀県みやき町に寄付したとするならば、佐賀県産黒毛和牛は、10,000円の寄付にあたり1kgですから、6kgまで貰えてしまいます。

6kgも消費できるご家庭なら、ウハウハでしょうね(笑)

いやいや6kgも食べられないよ、と、そんな心配も必要ありません。

実はふるさと納税の返礼品については、ほとんどの自治体が、寄付金額の合計の範囲内ならば複数の返礼品を組合せて貰うことが出来るんです。

佐賀県みやき町を例に出しましたから、この中で、68,000円の範囲でなら、

  • 10,000円コース×6、5,000円コース×1
  • 5,000円コース×13
  • 50,000円コース×1、10,000円コース×1、5,000円コース×1

などのように、あれこれチョイス可能なんですね。

どう考えても、自己負担2,000円以上の価値はあります。

ふるさと納税で税金控除の恩恵と、返礼品の恩恵と二重に嬉しい仕組みです。

せっかくなので、ふるさと納税をしてみてはいかがでしょうか。