ふるさと納税による年収別税金控除の目安

ふるさと納税をすると所得税と住民税が少なくなるわけですが、いったい、どれだけ税金控除すなわち節税になるのかは、ピンとこないですよね。

自己負担2,000円で寄付した自治体の特産品が返礼品として届けられることばかりが注目を集めてしまっている感じですが、ふるさと納税は、そもそも自治体への寄付です。

その好意に対して返礼品や税金面での優遇によって、寄付者と自治体が共に喜びを分かち合う制度です。

って、言わなくてもわかってますよね(汗)

さて本題の年収別の節税効果や返礼品の組合せなど、事例がありますので、参考にされてください。(画像クリックで拡大します)

年収別税額控除

年収別返礼品組合せ

その他、もっと詳しい情報はコチラにあります。

↓↓↓

ふるなび

表中の「夫婦」「共働き」の意味などもしっかり確認しておかないと、寄付し過ぎたって事にもなり兼ねません。
別に、寄付のし過ぎはデメリットにはならないです。
返礼品は寄付金額に応じて頂けるので。

ただ、控除上限いっぱいの範囲内で最大のメリットを享受したいという目的の人は、しっかりと見ておく必要はあります。

error: Content is protected !!